鼻うがいは痛くないし効果が抜群です

モンドセレクション受賞!!昨年メチャクチャ売れた鼻づまり対策のお茶

えぞ式すーすー茶の詳細はこちら

↓↓↓↓

 

手軽にできるセルフケアの代表格に、鼻うがい(鼻洗浄)があります。

 

鼻うがいは、鼻の中のホコリ、ウイルス、花粉などを洗い流すことができるため、鼻をかむよりもスッキリします。(鼻の奥にある上咽頭粘膜まで洗うことができます)

 

鼻うがいのあとは、鼻づまりはもちろん、のどの痛みなども解消されます。

 

アレルギー性鼻炎や、花粉症、副鼻腔炎などの症状の解消(軽減)、また予防に、これほど貢献してくれるセルフケアはありません。

 

鼻うがいは、のどのうがいと異なり、「真水でのうがいは厳禁」です。

 

真水で行うと、「痛い」からです。

 

たとえば、プールなどで、鼻から水が入つてきたときに、「ツーン」と鼻や耳の奥に痛みを覚えたことはないでしょうか?

 

それとまったく同じ状態になってしまうのです。

 

これは、人間の体液と水の浸透圧が違うために起こります。

 

鼻うがいは人間の体液の浸透圧と同じ、0.9%の生理食塩水で行いましょう。

 

つまり、1リットルの水に9グラムの食塩を溶かして洗浄液をつくってください。

 

近年、鼻うがい専用の洗浄液も市販されています。(「ハナノア」〈小林製薬〉など)

 

用意するもの

 

  • ぬるま湯(できれば煮沸してカルキを飛ばし、冷ましておけるとベストです。殺菌にもなります。20〜30度が適温です)
  •  

  • 塩(「1リットルの水に対して9グラム」が望ましいので、「250mlの水に対して2グラム強」)
  •  

  • 容器(市販されている鼻うがい専用の容器がベストです。もしくは100円均一のお店などで扱われている、長い管状の注ぎ口が付いたボトル容器などでもかまいません)

 

「鼻うがい」の方法

 

1、鼻うがい用の洗浄液をつくります。

 

容器に、ぬるま湯を入れ、塩を混ぜます。

 

(つくり置きは控えたほうが無難です。その都度、つくるようにしましよう)

 

2、前かがみになります。

 

うがいのときに生理食塩水で服が濡れないように、タオルなどで覆っておくのがおすすめです。

 

3、生理食塩水を入れた容器の先を、片方の鼻の穴に当てて手でプツシユし「アー」と声を出しながら注ぎます。

 

すると、余分な生理食塩水が鼻咽腔(上咽頭)を通つて、反対側の鼻の穴と日の両方から出てきます。(慣れない場合は、勢いよく飛び散ることもあるので注意してください)

 

「苦しい」「むせる」という場合は、ぐっと顔を下に向けて「アー」と声を出しながら洗えば大文夫です。

 

4、鼻の穴を替えてもう一度行います。

 

5、鼻に生理食塩水が残っていないことを確認してから、軽く鼻をかんでおきましよう。

 

鼻の奥にたまっている膿などが出やすくなります。(鼻の粘膜や耳を痛めないよう、強くかまないように気を付けてください)

 

もちろん、気持ちがいいからといつて、洗いすぎてはいけません。

 

一日に数回程度にしておくのが無難です。(やりすぎると、症状が悪化することがあります)

 

ちなみに、鼻うがいを行うときに最適の場所は、入浴時のお風呂場です。

 

生理食塩水を、浴槽で人肌程度に温めることも簡単にできます。

 

鼻うがい中に、生理食塩水を万一飲んでしまっても、大きな害はありません。

 

しかし、耳に流れ込んでしまうと、中耳炎になる可能性があります。

 

うまくできない場合は、耳鼻科で一度相談をしてみてください。

 

モンドセレクション受賞!!昨年メチャクチャ売れた鼻づまり対策のお茶

えぞ式すーすー茶の詳細はこちら

↓↓↓↓