即効性があるタマネギ深呼吸

モンドセレクション受賞!!昨年メチャクチャ売れた鼻づまり対策のお茶

えぞ式すーすー茶の詳細はこちら

↓↓↓↓

 

タマネギは、さまざまな健康効果で知られている食材です。

 

まず、「硫化アリル」という成分が含まれています。

 

タマネギを切ると涙が出ますが、その原因となっている成分です。

 

この硫化アリルには強力な抗菌・殺菌効果に加えて、新陳代謝を活発化するなどの効果があり、鼻づまりを解消します。

 

また、「ケルセチン」という成分も含まれています。

 

「最強のポリフェノール」と称され、タマネギの皮に特に多く含まれています。

 

このケルセチンは、アレルギーを引き起こす「ヒスタミン」を抑制し、鼻づまりを撃退してくれるのです。

 

そもそもアレルギーとは、平たくいうと「ヒスタミン」という物質が体内で過剰につくられている状態を指します。

 

ヒスタミンは「肥満細胞」で生成され、通常はこの細胞内でおとなしくしています。

 

ところが、外界からの刺激によって細胞の外に出てしまったり、増えすぎるなどの異常事態になると、「アレルギー反応」が引き起こされてしまいます。

 

ヒスタミンは、何かのきっかけで暴走する危うい存在なのです。

 

そのヒスタミンを抑制してくれるのが、ケルセチンというわけです。

 

ケルセチンは、ヨーロツパでは「抗ヒスタミン剤」として、医薬品に認定されています。

 

フランスでは、タマネギを使って風邪を治すという民間療法があるそうです。

 

では、そんなタマネギをうまく取り入れた鼻ケアをご紹介しましよう。

 

それは「タマネギ深呼吸」です。

 

用意するものは、タマネギのみ。

 

行い方は、いたって簡単です。

 

タマネギの皮が付いたままの状態で薄く輸切りにして皿などに盛ります。

 

そして、タマネギの断面に鼻を近付けて、「硫化アリルとケルセチンを吸い込んでいる」とイメージしながら、鼻から思いっきり息を吸い込みます。

 

口呼吸にならないよう、回はしっかり閉じて、深呼吸を数回くり返してください。

 

皮付きのまま適当に切って、ポリ袋に入れて行っても差し支えありません。

 

鼻づまりで寝苦しい夜などは、切ったタマネギを枕元に置いて寝てみてください。

 

軽い鼻風邪程度であれば、すぐに効果が感じられることでしよう。

 

小さいお子さんの場合はいやがることもあるので、寝付いたのを見計らってから、タマネギを置いておくのもおすすめです。

 

モンドセレクション受賞!!昨年メチャクチャ売れた鼻づまり対策のお茶

えぞ式すーすー茶の詳細はこちら

↓↓↓↓