花粉症の症状について

モンドセレクション受賞!!昨年メチャクチャ売れた鼻づまり対策のお茶

えぞ式すーすー茶の詳細はこちら

↓↓↓↓

 

花粉症の症状は全身に及びます。

 

耳鼻科に関するものは、くしゃみ。鼻水・鼻づまり、咳、のどの痛みやイガイガ感などがあります。

 

眼科に関するものは、日のかゆみ、涙目。皮膚科に関するものは、皮膚の乾燥、かゆみ、肌荒れ。

 

内科に関するものは、頭痛、微熱、俗怠感、睡眠障害など。

 

ざっと数えても、これだけ多く挙げられます。

 

また花粉症は、症状が併発しやすいものです。

 

「鼻水」だけなら耐えられても、そこにたとえば「目のかゆみ」が加わると、文字通りの「ダブルパンチ」です。

 

さらに症状が全身に及べば、つらさは何倍にも増してしまいます。

 

ここでは、花粉症に伴う症状の中で、まだあまり知られていないものについて、お話ししておきましよう。

 

花粉症の患者さんの中で、特に増えてきているのが「□腔アレルギー症候群」というアレルギー反応の症状です。

 

これは、果物や野菜を食べると、日の中やのどの粘膜に起こります。

 

なぜ花粉症患者さんが、口腔アレルギー症候群を同時に引き起こしやすいのかというと、花粉と、果物や野菜に含まれるアレルゲンが共通しているからです。
口腔アレルギーを併発すると、特定の果物や野菜などを食べた場合、約15分以内で唇や舌、のどがかゆくなったり、腫れてきたりします。最も多いのは、シラカバやハンノキに関連するバラ科のリンゴ、モモ、サクランボです。

 

顔や全身のかゆみや、ぜんそくのような症状が見られることもあります。

 

主な原因となる果物や野菜は、次の通りです。

 

  • イネ科⇒小麦、トウモロコシ、ひえ、あわ、きび
  •  

  • ウリ科⇒キュウリ、スイカ、メロン、カボチャ
  •  

  • ナス科⇒ジャガイモ、トマト、ナス、ピーマン、シシトウ
  •  

  • セリ科⇒ ニンジン、セロリ、パセリ
  •  

  • バラ科⇒リンゴ、モモ、サクランボ、イチゴ、ナシ、アーモンド、アンズ、ビワ
  •  

  • バショウ科⇒バナナ
  •  

  • マタタビ科⇒キウイフルーツ

 

予防策としては、この原因となる果物や野菜を控えることしかありません。

 

万が一、発症したら、アレルギー反応を抑えるクスリで治療するのが一般的です。

 

くれぐれも「変なものを食べたのかしら?」「食中毒だろうか?」などと、いつまでも悩み続けるのはやめましよう。

 

問診や特別なテストで、アレルゲンを特定することができるのです。

 

アレルギー科、もしくはアレルギーを専門とする医師のいる耳鼻科を受診してください。

 

モンドセレクション受賞!!昨年メチャクチャ売れた鼻づまり対策のお茶

えぞ式すーすー茶の詳細はこちら

↓↓↓↓