MENU

鼻の美容整形をすると味覚がなくなる

ここでは「鼻」の美容整形についてお話しします。

 

美容整形には、リスクは付きものです。

 

どんな名医に執刀してもらったとしても、顔の内部にある筋肉や神経を誤って損傷する危険性がないわけではありません。

 

以前、次のようなニュースを聞いたことがあります。

 

「韓国で、鼻の美容整形を受けた女性がいる。手術後、女性の体には予期せぬさまざまな変化が起こった。一時的に呼吸が苦しくなったり、それまで正常だった味覚が、突然失われてしまった」

 

不調を訴えた女性は、鼻にシリコンを入れる美容整形をしたそうです。

 

嗅覚や味覚をつかさどる神経は、鼻の付近に集中しています!

 

鼻にメスを入れることで、直接的にも間接的にも、それらにダメージを与える可能性はあるのです。

 

さらにいえば、前述したように日にかかわる神経も鼻の付近に位置しています。

 

もちろん、美容整形に全面的に反対をしているわけではありません。

 

顔にメスを入れることで、人生がよい方向へ劇的に変わるのであれば、一つのチャンスとして、そのような選択もあっていいのだろうと思います。

 

外見を少し変えることで、心に余裕ができたり、前向きな気持ちになれたり、行動まで変えることができるなら、それは素晴らしいことでしよう。

 

でも、もし鼻の美容整形を考えるのであれば、守ってほしいことがあります。

 

「一生に一回限り」

 

これを原則としてほしいのです。

 

どのような手術にもいえることですが、回数を重ねれば重ねるほど、予期せぬ健康被害のリスクが高まるからです。

 

聞くところによると、美容整形は一度行うと、さらに修正や手直しをしたくなるもののようです。

 

おそらく「もっときれいになれる」「メスを入れるたび理想の容姿に近付く」という心理的な依存が生まれるのでしょう。

 

いったん顔を修正・加工し始めると、「終わりなきレース」に参加することになりかねません。

 

そもそも鼻は、生命の維持に欠かせない「呼吸器」として、休むことなく働き続けてくれています。

 

健康な鼻に、外から「メスを入れる」という意味について、よく考えてほしいと思います。

 

厳しく聞こえるかもしれませんが、手術の結果、鼻の機能を失ったり損なうような結果になっても、不思議はないのです。

 

>>鼻づまり解消グッズ使ってみました