MENU

鼻づまりを軽視すると長生きできない可能性あり

「鼻づまりで早死にする」というと、かなり極端に聞こえるかもしれません。

 

しかし、鼻についての真実です。

 

その理由の一つ目は、「口呼吸が増えるから」です。

 

鼻がつまっていると、日呼吸が増え、基礎代謝が下がります。

 

基礎代謝とは、もともと「静かなところでどれほど代謝が行われているか」という問題です。

 

鼻呼吸をしっかり意識して行うと、日呼吸のときより基礎代謝は上がります。

 

しかし、日呼吸を一生懸命にやっても、基礎代謝は上がらないことが明らかになっています。

 

基礎代謝が下がるとダイエットもしにくくなり、メタボ体型になつていきます。

 

そして肥満が生活習慣病を招き、寿命を縮めることになります。

 

理由の二つ目は、「心臓の鼓動が(通常よりも)速くなるから」です。

 

鼻がつまっているせいで呼吸をしづらい人は、酸素を効率よく全身へ運ぶために、血流が速くなり、心臓の鼓動のテンポもアップします。

 

心臓の鼓動が速くなると、心臓や血管などの循環器系に大きな負担を強いることになります。

 

循環器系に限らず、体全体の劣化を引き起こしかねません。

 

1992年に出版されたベストセラー『ゾウの時間ネズミの時間』(本川達雄著/中公新書)をご存じでしょうか?

 

「のんびりと生きても、せかせかと生きても、哺乳類は、心臓が一定数を打つと一生を終える」という説が提唱され、大きな話題となりました。

 

心臓の鼓動の「一定数」とは「約15億回」という説が主流です。(多くの哺乳類の寿命を心周期で割ると、15億という数字が出るのだそうです)

 

ハツカネズミの寿命は2~3年、インドゾウは約70年。

 

単純に考えると「ゾウはネズミより長生き」と思えます。

 

ところが心拍数を時間の単位として考えると、「ゾウもネズミもほぼ同じ長さを生きた」といえるのです。

 

人間の場合で試算すると、心拍数が1分間90回の場合、寿命は約49年ということになります。

 

そう考えると、寿命を延ばしたい場合は、1分間あたりの心拍数を減らせばよいのです。

 

鼻づまりを解消して、酸素を体内に豊富に取り込んでいくことで、心拍数を減らせることは間違いありません。

 

このように、鼻呼吸は人間の体にとって非常に大切です。

 

>>鼻づまり解消グッズ使ってみました

 

鼻づまりグッズ:えぞ式すーすー茶の口コミ,成分レビューはこちら