MENU

昔と比べて花粉症で苦しむ人が増えた理由

花粉症が増えた原因は、二つの方向から考えることができます。

 

一つ目は、「環境面の変化」です。

 

日本人の花粉症のタイプは、ご存じのように「スギ花粉症」が最多です。

 

1950~60年代の高度経済成長期に、国土に大量のスギが植林されました。

 

スギに花粉がつくのは、樹齢30年以上の木といわれています。

 

確かに80年以降から、花粉症の患者さんが増えてきたと感じます。

 

これは、残念ながら仕方がないといわねばなりません。

 

二つ目は、人間の体の「免疫」です。

 

日本人は清潔になりすぎたために、花粉症が増えたとも考えられます。

 

そもそも人間は、進化の過程において「免疫」という優れた防御機能を獲得することができました。

 

しかし育ってきた土地(暮らしている土地)によって、「何に対して免疫が働くか」が違ってくるのです。

 

たとえばインドの人たちは、ガンジス川の水を飲むことがよくあります。

 

もし日本人がそのマネをしたらどうでしょう。

 

あっという間におなかをこわしたり、感染症などにかかってしまうはずです。

 

ガンジス川には雑菌はもちろん、糞尿や工場排水なども流れています。

 

なぜインドの人たちがおなかをこわさないのかというと、ガンジス川の雑菌への「免疫」ができているからです。(「彼らが常食するカレーのスパイスに抗菌作用が含まれており、免疫力が高まって
いる」という指摘もあります)

 

一方、日本についてはどうでしょう。

 

今の日本人は、昔よりも高度に文明化された環境で、清潔で文化的な暮らしを送れるようになりました。

 

昔は、今とは比べものにならないほど多くのバイ菌と共に暮らしていたはずです。

 

「清潔すぎる」環境と引き換えに、免疫が作用する機会が激減し、免疫機能にひずみが生じて、花粉症が出現してきたという見方もできるのです。

 

「いきすぎた清潔さがもたらす弊害」に警鐘を鳴らす専門家も多くなりました。

 

以前に流行した「抗菌グッズ」も、「逆によくない」という理由で、今はあまり見かけなくなっています。

 

世の中の至るところにバイ菌は存在しています。

 

それらを遠ざけることより、慣れて免疫をつけていくという思考に切り替えるほうが、実は健全なのでしょう。

 

ただし、鼻の穴から体に入り、アレルギーを引き起こしかねないホコリ(ハウスダスト)については、掃除などでこまめに取り除いておくに越したことはありません。

 

>>鼻づまり解消グッズ使ってみました