MENU

鼻が悪いと耳の聞こえも悪くなる理由

鼻と耳は、密接につながっています。

 

鼻と耳のどちらかに不調が起これば、もう一方に悪影響が及びやすくなります。

 

ここでは、「鼻が悪いと、耳の聞こえも悪くなる」というケースについて、ご説明しましょう。

 

「鼻水がよく出る」「耳の聞こえが悪い」と症状がダブルで出ている場合は、「鼻炎」をこじらせて「耳管狭窄症」(耳管カタル・中耳カタル)や「滲出性中耳炎」に発展していることがよくあります。

 

まず「耳管狭窄症」についてです。

 

鼻の奥にある「鼻咽腔」と「中耳」の間には「耳管」という管があり、中耳の空気圧を調整しています。

 

この耳管が何らかの原因でふさがると、耳がつまった感じがしたり、聞こえが悪くなったりします。

 

飛行機に乗ったとき、「耳がツンとつまって痛い」と感じた経験はありませんか?

 

これは、急な上昇や下降による気圧の変化に、耳管の換気機能がうまく対応できないために起こる症状です。

 

この症状は、唾を飲み込むと治ります。

 

鼻の奥にある耳管口が開閉して換気ができるからです。

 

このように、 一時的に耳がつまった感じがしても、簡単な処置ですぐに元に戻るようなら問題はありません。

 

耳管狭窄症の予防としては、まず鼻づまりを解消し、「鼻水をすする癖」をやめることです。

 

耳管狭窄症が長く続くと「滲出性中耳炎」に発展することがあります。

 

滲出性中耳炎とは、鼓膜よりさらに奥にある「中耳腔」という空間に、液体がたまるタイプの中耳炎です。

 

この液体には、サラサラしたものから粘っこいものまであり、「漿液」「粘液」などと呼ばれます。

 

中耳腔にこのような液体がたまると、鼓膜や耳小骨の動きが悪化します。

 

外耳道を伝わってきた音が鼓膜から耳小骨、そして内耳へと伝わらなくなり、耳が聞こえにくくなってしまうのです。

 

子どもの難聴(聴覚が低下する疾患)は、ほとんどがこの滲出性中耳炎に起因しています。

 

このタイプの中耳炎は、痛みがほとんどありません。

 

また、子どもは「耳が聞こえにくい」と自分で気付くことがなかなかできません。

 

そのため、どうしても発見が遅れがちになってしまうのです。

 

次のような様子が見受けられれば、お子さんを耳鼻科に連れていくことをおすすめします。

 

  • 「耳がおかしい」などの不快感を訴える
  •  

  • 耳によく手をやったり、触っている
  •  

  • テレビの音量を、過度に大きくしようとする
  •  

  • 以前より大きな声で話すようになった
  •  

  • 静かな場所で呼んでも、反応がなかったり、振り向かないことがある。
  •  

  • 子どもの耳の中から、ガサガサという音がする

 

滲出性中耳炎の予防としては、やはり鼻づまりと鼻水を解消しておくことです。

 

>>鼻づまり解消グッズ使ってみました

 

鼻づまりグッズ:えぞ式すーすー茶の口コミ,成分レビューはこちら