MENU

鼻づまり解消法として一番おすすめなのはコレ♪

鼻づまりに悩んでいた私が色々と鼻づまり解消グッズを試してみて一番効果的だと感じたのが「えぞ式すーすー茶」です!
「即効性」と、一度飲めば半日以上は効果が続く「持続力」の2つが、えぞ式すーすー茶の大きな特徴になります。

 

えぞ式すーすー茶の詳細はこちら

 

子供から大人まで実践できる鼻づまりの治し方

 

  • 病院の薬でも全然鼻づまりが治らない
  •  

  • とにかく煩わしいから今すぐなんとかしたい
  •  

  • 鼻づまりが原因で夜が寝れなくて困っている

 

当サイトは「アレルギー性鼻炎・花粉症」などが原因で起こる鼻づまりの原因や正しい解消法などについて知って頂こうと思い開設しました。

 

当サイトで紹介する鼻づまり解消法は、アレルギー性鼻炎・花粉症で長年辛い思いをしたサイト管理人が「実際に自分で試して効果を感じた方法」なので、是非参考にしてみてください。

人気の鼻づまり解消グッズランキング

 

えぞ式すーすー茶の特徴

当サイト管理人は今まで色々な鼻づまり解消法を試してきましたが、一番効果を感じた鼻づまり鼻づまり解消グッズが、えぞ式すーすー茶! 「夜はグッスリ」「薬いらず」「即効性あり」「持続力あり」「美味しいお茶だから続く」。 まず最初に試してみてほしい鼻づまり解消グッズです♪

価格 2838円
評価 評価5
備考 30日間全額返金保障付き
えぞ式すーすー茶の総評

アレルギー性鼻炎・花粉症・イビキと全ての鼻トラブルに対応できる万能なお茶が、えぞ式すーすー茶です。販売元の北の快適工房さんはこれまでも「アレルギー」に関する対策商品をいくつも発売してはヒットしてきたという実績があります。30日の全額返金保障があるのでお気軽に試してみる事ができる商品です。

鼻の穴は、なぜ一つではなく二つなのか?

 

はじめに、自分の「鼻」の仕組みについて知っておきましよう。

 

なぜ人間の鼻の穴は、 一つではなく二つなのでしょうか?

 

クロマニヨン人もネアンデルタール人も、鼻の穴は二つでした。

 

ほかの動物についてもしかりです。

 

長い鼻を持つ象も、鼻の穴は二つです。

 

その理由は、「温度と湿度を快適に保つため」。

 

鼻の穴が一つより、二つのほうが、快適な温度と湿度を維持できるのです。

 

たとえば、AとB、二つのトンネルを想像してください。

 

横幅も高さも長さも、まったく同じ。

 

ただしBのトンネルには、縦方向に仕切りがあります。

 

この二つのトンネルの奥にパネルフアンヒーターを設置した場合、どちらのほうが暖かくなるでしようか?

 

答えはBの「縦方向に仕切られたトンネル」です。つまり、「鼻」のことです。

 

「通路=鼻腔」、「仕切り=鼻中隔」。

 

「鼻腔」とは、鼻の穴の奥に広がる空間を指します。

 

「鼻中隔」とは、鼻腔を左右に分けている骨板を指します。

 

鼻腔が、鼻中隔によって縦方向に三分割されているので、鼻は快適な温度と湿度を保つことができるのです。

 

ほかに、「鼻の二つの穴が交代で休むことができるため」という説もあります。

 

「鼻の二つの穴は、自律神経に支配されながら、片方ずつが交代で機能している」というわけです。

 

もちろん、今どちらの鼻の穴が活動中か、自分で意識することはありません。

 

一説によると「左右の穴が交代するのは、2時間制」ともいわれます。(これは難しい言葉でいうと「ネーザル・サイクル」という生理的現象です。日本語では「交代性鼻閉」と呼ばれます)

 

片方ずつが交代で機能することには、多くのメリットがあります。

 

たとえば、「ウイルスなどの細菌が侵入するリスクを減らす」「呼吸によるエネルギー消費量を節約する」などです。

 

さらには、「鼻の粘膜の面積を広くするため」という説もあります。

 

鼻の粘膜には、空気中のゴミやホコリなどを取り除く役割がありますが、粘膜の面積が広いほうが効果的だからです。

口呼吸は、人間だけの「特権」?

呼吸には口で行う「口呼吸」と、鼻で行う「鼻呼吸」があります。

 

人間以外の多くの生物にも「口」がついています。

 

ですが、口呼吸ができるのは、実は人間だけなのです。

 

鳥やハ虫類、両生類は、「気道」と「食道」が完全に分かれています。

 

気道とは、空気が通る道です。

 

食道とは、食べものが通る道です。

 

鳥やハ虫類、両生類の回は、気道につながっていません。

 

だから、口呼吸ができないのです。

 

四本足の哺乳類も、口呼吸ができません。

 

気道と食道が、ほぼ分かれているからです。

 

大が「ハァハァ」と舌を出しているのを見たことがあるでしょう。

 

これは「浅速呼吸」と呼ばれています。

 

しかし、人間の「口呼吸」とは本質的に異なります。

 

「体温調節」が目的で行われているのです。

 

サルは、どうでしょう。

 

人に似ていますが、やはり、気道と食道は別々に分かれています。

 

だから、うまく口呼吸ができません。

 

つまり、なぜ人間だけが口呼吸をできるのかというと、気道と食道がつながっているからです。

 

この構造のおかげで、人は言葉を話すこともできるのです。

 

もっとも、生まれたばかりの人間の赤ちゃんは、鼻呼吸しかできません。

 

息継ぎをせずに、母乳を飲めるのがその証拠です。

 

ところが、おしゃべりを始める頃から口呼吸ができるようになります。

 

その際、口呼吸だけが定着しないように、おしやぶりをくわえさせ、鼻呼吸に誘導する習慣が外国ではよく見られます。

 

実は、口呼吸は体にとって、よくないことなのです。

 

たとえば「関節リウマチ」「アトピー性皮膚炎」「気管支ぜんそく」などが、口呼吸と関係していると指摘する専門家もいます。

 

つまり、特別な理由もないのに口呼吸を続けているのは、人間にとって、本当は不自然なことなのです。

鼻は、病原菌をカットしてくれる優秀なフィルター

鼻の構造は、大きく三つに分けられます。

 

  • 外鼻(外見上の鼻)
  • 鼻腔(鼻の穴からのどに到達する空間)
  • 副鼻腔(鼻腔とせまい通路でつながりながら、その周囲に散在している空洞)

 

の三つです。

 

鼻とは呼吸器系統の入り口、つまり玄関にあたります。

 

鼻は、人体の中でちっぽけな存在に見えるかもしれませんが、フィルターとして非常に高度な働きをしてくれています。

 

呼吸によって空気を体に取り込むとき、鼻がホコリや細菌などを取り除いてくれるのです。

 

さらに、鼻には「冷たい外気を温めてから体に取り入れる」という働きもあります。

 

鼻水や鼻づまりなどのトラブルがあると、鼻ではなく口からの呼吸(口呼吸)を余儀なくされます。

 

しかし、日呼吸にはフィルター機能がありません。

 

そのため、ホコリや細菌、冷たい空気などが直接のどを通り、気管支や肺へと侵入してしまうことになるのです。

 

では、なぜ鼻にはフィルター機能が備わっているのでしょうか?

 

その鍵を握るのは「鼻咽腔」(上咽頭)という部位です。

 

鼻咽腔は、鼻から入ってきた外気に含まれるホコリや細菌を取り除いてくれる「フィルター係」です。

 

また同時にこの鼻咽腔にある粘膜(上咽頭粘膜)は「免疫系統のプロデューサー」であり、自律神経が集中する「まとめ役」でもあります。

 

この上咽頭粘膜が炎症を起こすと、フィルターの役割が果たせなくなり、バイ菌やウイルスの巣窟となって、全身に悪影響を及ぼします。

 

風邪などの身近な感染症や花粉症などのアレルギーは、鼻咽腔を起点として、全身をむしばんでいきます。

 

花粉もハウスダストも、ペットの毛も、ウイルスも、大気汚染物質のPM2 ・5や黄砂も、最初にそれらをキャッチするのが上咽頭粘膜です。

 

だから、インフルエンザ(インフルエンザウイルス感染症)の検査では、上咽頭粘膜の鼻水を採取して調べるのです。

日本人の鼻は、欧米人よりもトラブルが多い

「日本人の鼻は、欧米人の鼻よりも低い」と昔からよくいわれます。

 

「欧米人の鼻の高さにあこがれたことがある」という人もいるでしよう。

 

もちろん、鼻の「高さ」は違いの一つです。

 

しかし、それより決定的な両者の違いがあります。それは鼻の上下の「長さ」です。

 

概して、欧米人は鼻が長く、日本人は鼻が短い。

 

それは何を意味するのでしょうか?

 

鼻が長い場合、鼻の穴の中を通る空気はより温められ、加湿されます。

 

また、フィルター機能も高まり、さまざまな害を防ぐことができます。

 

しかし鼻が短いと、なかなかそうはなりにくいのです。

 

つまり「欧米人は鼻トラブルが少なく、日本人は鼻トラブルが多い」といえるのです。

 

日本人に多く見られる鼻の病気の一つに「鼻中隔湾曲症」があります。

 

ひとことでいうと「鼻が曲がっている病気」です。

 

「鼻中隔」とは、鼻の穴を左右に分けている仕切りを指します。

 

日本人は、この仕切りが、左右どちらかに曲がっていることがほとんどです。

 

湾曲の程度が軽く、日常生活に影響がなく、呼吸にも不便を感じないのであれば、気にすることはありません。

 

しかし湾曲の程度が重く、日常生活に支障をきたしたり、不快な症状が顕在化しているようであれば、手術をしたほうがよいこともあります。

 

鼻中隔が大きく曲がっていると、鼻の穴の通気は悪くなります。

 

また粘膜が障害されやすくなるため、さまざまなトラブルも起こりやすくなります。

 

なぜ「まっすぐであるべき鼻」が曲がってしまうのでしょうか?

 

そもそも、頭部は「頭蓋骨」と「顔面骨」からできています。

 

日本人は、頭蓋骨のほうが発達しているため、顔面骨に負荷がかかります。

 

そして頭蓋骨の重みで鼻中隔がつぶされやすくなります。

 

一方、欧米人の場合、顔面骨のほうが発達しているため、顔面骨に負荷がかかりません。

 

だから欧米人に、鼻中隔湾曲症はほとんど見られないのです。

 

思い返すと、私たちは幼い頃から、学校などでよく耳鼻科の健診を受けてきました。

 

ここまで鼻の健診を徹底している国は、世界的に見ても珍しいといえるでしよう。

 

それも、「鼻のトラブルが欧米人よりも多い」という事実の表れなのです。

更新履歴